ここから本文です

広島・野村、5勝目かけて巨人戦に先発 実感する昨季からの変化

Full-Count 5月25日(水)19時12分配信

3試合ぶり勝利なるか

 広島の野村祐輔が、3試合ぶりの勝利をかけて25日の巨人戦に先発した。2回を投げ終えて2安打1失点となっている。

 ここまで4勝を挙げている野村だが、5月4日の巨人戦で勝利投手になって以来、勝ち星がない。最近2試合では、いずれも5回まで無失点に抑えながら、試合後半に集中打を浴び、イニング途中で降板している。勝ち投手となった4日の試合でも、6回に2死から4連打を許して降板するなど、3試合連続で不本意な投球となっている。

 巨人戦は昨季も4試合で3勝1敗と得意にしているが、「強いチームに変わりはない。しっかり自分の投球をしたい」と気を緩める様子はない。ここ数試合の終盤での変調に関しては「打たれる時には必ず原因がある。自分の中では整理できている。前回の6回に関しては、疲労や配球面というよりは、自分がしっかり投げ切れていなかった」と分析した。

 今季は開幕から先発ローテを守り続け、チーム2位の4勝を挙げている。「今年はストレートのキレやコントロールが違う」と好調の要因を挙げ、さらに「ボールの状態は毎回違う。その日の球種に関しても、何かが良ければ、何かが悪い。全てが良い訳ではない。それが昨年までは普通に思えなかった。これまでは上を求めすぎていた気がする」と、精神面での変化も明かした。

 悪天候の試合に「天気は変えられないので、言っても仕方ない。とにかく長いイニングをしっかり投げたい」と、3試合ぶりの勝利に意欲を見せていた。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:5月25日(水)19時13分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)