ここから本文です

現実路線のラニエリ監督、来季も「最も大切なのは残留すること」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月25日(水)18時30分配信

ファンはおとぎ話の続きを求めているはずだが

レスターを率いるクラウディオ・ラニエリ監督は来季も現実的な目標を掲げて戦うことになりそうだ。

今季驚きの初優勝を果たしたレスターには、来季も夢のような戦いが待っている。それはチャンピオンズリーグだ。多くの選手にとって初めての挑戦であり、楽しみと語る選手も少なくない。しかし、ラニエリ監督はそれ以上にまずはリーグ戦に集中するべきだと考えているようだ。英『Mirror』が伝えている。

同監督は「来季はグアルディオラやコンテもやってくるし、ファンタスティックなものになるだろう。難しい戦いにもなるはずだ。彼らを倒せるか? チャレンジャーとして戦うよ。おとぎ話は一度起きているし、我々は優勝を果たした。もちろんタイトルを守りたいが、我々にとって大切なことは残留することだ。我々のやり方は変わらない。チャンピオンとして戦っていくが、選手には正しい態度を続けてほしい」と話した。

ディフェンディングチャンピオンとして臨む来季の目標はあくまでも残留のようだ。欧州の舞台で躍進する姿を期待するファンもいるはずだが、ラニエリ監督にとってまずは残留することがおとぎ話の続きになるのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月25日(水)18時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]