ここから本文です

マンUの7番背負ったデパイ復活へ 頼みの綱はオランダの大先輩「スナイデルにモウリーニョのことを聞くよ」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月25日(水)18時50分配信

モウリーニョの信頼を得るため先輩に助言求める考え

昨夏ルイ・ファン・ハールのチームの中心選手になると期待されてマンチェスター・ユナイテッドに加入したFWメンフィス・デパイは、その期待に応えられない苦しいシーズンを過ごすことになった。最終戦となったクリスタル・パレスとのFAカップ決勝でもメンバーから外されてしまい、キャリアの中でも最悪の時期を過ごしたと言える。

しかし、デパイはまだマンUでスター選手になることを諦めてはいない。英『METRO』によると、デパイはファン・ハールに代わって指揮を執ることが濃厚になっているジョゼ・モウリーニョに興味を示しており、同指揮官の信頼を勝ち取るために同じオランダ人選手のヴェスレイ・スナイデルにモウリーニョの特徴を聞くと語っている。

「モウリーニョの就任が正式に発表されたら、僕はモウリーニョがどういう人間なのかスナイデルに聞くよ。モウリーニョ就任は興味深い話だ。まだ正式には決まってないけどね」

スナイデルとモウリーニョはインテルで3冠を達成するなど、最高の時間を過ごしている。そんなスナイデルであればモウリーニョがどういう選手・戦術を好んでいるのか熟知しているはずだ。果たしてデパイはモウリーニョの下でもう1度輝きを取り戻すことができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月25日(水)18時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。