ここから本文です

DeNA石田が5月初失点 連続無失点は26イニングで止まる

Full-Count 5月25日(水)20時43分配信

7回自らの暴投で失点

 DeNAの2年目左腕・石田健太投手が25日の中日戦(豊橋)で先発。6回まで3点のリードを守り、中日打線を無失点に仕留めていたが、7回、ピンチを招くと自らの暴投で失点した。5月に入って、3戦3勝。1点も失っていなかったが、5月の連続無失点記録は26イニングでストップした。

 石田は5月4日のヤクルト戦で6回無失点の好投で2勝目を挙げると11日の中日戦は7回無失点で3勝目。18日の巨人戦でも7回無死点で4勝目と好投を続けていた。

 この日の中日戦も梶谷の本塁打など打線の援護を受けながら力投を続け、無失点に抑えてきたが、7回、谷、大島に連打を浴びて、ノーアウト二、三塁とすると、ビシエドの打席で暴投してしまった。石田は7回を投げ終えた後、8回の打席で代打を送られた。この日は7回4安打1失点で5勝目の権利を持って降板した。

【フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月25日(水)20時54分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]