ここから本文です

マテウスはゲッツェの決断に賛成「なぜUCLにも出場できないクラブに行かなければならない?」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月25日(水)20時30分配信

来季も厳しい戦いに

元バイエルンで現在は解説者を務めるローター・マテウス氏はマリオ・ゲッツェの判断に納得しているようだ。

先日、バイエルンへの残留を示唆したゲッツェ。ここ3年、バイエルンでは満足に出場機会を得られていなかったため、移籍は確実とみられていたが、まさかのどんでん返しとなっている。同選手はその要因として「アンチェロッティとの電話は報道されていたようなこととはまるで反対だ。とても良いものだったし、彼と仕事をするのが楽しみだよ」とコメントした。マテウス氏はこれについて独『EXPRESS』で以下のようにコメントしている。

「なぜ彼がチャンピオンズリーグにも出場できないようなクラブに行かなければならないんだ? マリオは自らのポジションのために戦う準備があることをコメントで示している。このような状況は彼を強くするはずだ。彼の決断を尊重している」

確かに報道されていたリヴァプールは来季ヨーロッパカップ戦の出場権を持たないため、バイエルンに比べるとトップレベルの戦いは減るはずだ。とはいえバイエルンの選手層は非常に厚く、ゲッツェにとってチーム内での競争が最も熾烈であることは間違いないだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月25日(水)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)