ここから本文です

西武・雄星が7回零封で4勝目「納得いくボールが多くなってきた」

Full-Count 5月25日(水)21時13分配信

西武は完封リレーで快勝

 西武の菊池雄星投手が25日の楽天戦(西武プリンスドーム)で先発し、4勝目(5敗)を挙げた。

 初回は3者凡退と順調にスタート。2回は1死からアマダーの打球を秋山が見失い三塁打としたものの、後続を打ち取った。3、4回は2イニング連続で3者凡退。6回は1死二、三塁のピンチを招いたものの、松井稼を空振り三振、ウィーラーを三ゴロに仕留めた。

 7回88球、4安打無失点。自身2連勝でヒーローインタビューに立った左腕は、「(前夜に自主トレする佐藤が初勝利し)うれしかったし、負けたくない気持ちがありました。納得いくボールが多くなってきた。自分を信じて、銀さん(銀仁朗)のリードを信じて投げました。僕自身もチームも借金があるので 、1つずつ借金を返せるように頑張ります」と笑顔を見せた。

 打線は6番に入った炭谷の走者一掃3点二塁打、中村の9号2ランなどで効果的に点数を挙げた。8回は大石、9回は小石が救援し、7-0で完封リレーを飾った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月25日(水)21時13分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報