ここから本文です

広島1イニング3ラン2発、ベイ初4連勝、SB和田6勝目、楽天8連敗…25日プロ野球

Full-Count 5月25日(水)23時41分配信

燕サヨナラ&バレンティン2発、西武・菊池は4勝目

 プロ野球は25日、各地でセ・リーグ3試合、パ・リーグ2試合が行われた。セ首位の広島はリードオフマン・田中の活躍で巨人を9-3で下した。田中は初回、巨人先発の田口から左前安打で出塁し、丸の中越え二塁打で先制のホームを踏んだ。6回には代わったばかりの2番手山口から左翼越えの3号3ランを放ち、突き放した。先発の野村は5勝目。巨人は4番のクルーズが3安打。ルーキーの重信がマルチ安打を放ったのがせめてもの救い。

2016年 NPB順位表

 DeNAは4-1で中日を破り、今季初の4連勝。借金を2まで減らした。先発の2年目・石田が5月4戦4勝と好調。戸柱が先制適時打、梶谷、桑原に本塁打が飛び出した。山崎康がリーグトップの12セーブ目。中日はDeNAの若手投手陣に5安打に抑えられた。

 ヤクルトは今季3度目のサヨナラ勝利。バレンティンが第1、第2打席で連続でバックスクリーンへ本塁打。3回までに5打点をはじき出すも、乱打戦となり、試合は8-8で9回へ。畠山の二塁打から最後は今浪が藤川からサヨナラ犠飛で試合を決めた。

 ソフトバンク-オリックスは2回に長谷川の6号ソロで先制。内川の2点打なので序盤に5得点。オリックスの先発松葉を攻略した。オリックスは5回にモレルが5号ソロを放った。先発の和田はチームメートのバンデンハーク、武田に並び、ハーラートップの6勝目を挙げた。

 西武は7-0で楽天に快勝。楽天は泥沼の8連敗となった。浅村2点タイムリー、炭谷の走者一掃となる3点適時打、中村の9号2ランでリードを広げていった。先発・菊池が7回無失点で4勝目を挙げた。

 【セ・リーグ】
◇広島 9-3 巨人(マツダスタジアム)
勝 野村(5勝2敗)
敗 田口(2勝3敗)
HR 【広】田中3号、鈴木5号

◇DeNA 4-1 中日(豊橋)
勝 石田(5勝1敗)
敗 若松(4勝3敗)
S 山崎康(12セーブ)
HR 【De】梶谷4号、桑原3号

◇ヤクルト 9×-8 阪神(神宮)
勝 オンドルセク(1勝1敗)
敗 藤川(2勝3敗)
HR【阪】ゴメス12号、鳥谷3号、【ヤ】バレンティン13、14号

【パ・リーグ】
◇ソフトバンク 5-2 オリックス(ヤフオクドーム)
勝 和田(6勝1敗)
敗 松葉(1勝1敗)
S サファテ(14セーブ)
HR【ソ】長谷川6号、【オ】モレル5号

◇西武 7-0 楽天(西武プリンス)
勝 菊池(4勝5敗)
敗 川井(0勝1敗)
HR【西】中村9号

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月25日(水)23時51分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。