ここから本文です

小吹隆文撰・おでかけアート、5/25~

Lmaga.jp 5月25日(水)22時0分配信

「とにかく誰よりも現場を見て歩く」を信条に、美術ライター・小吹隆文が膨大なアートの海から、いま必見の展覧会をピックアップ! 今週は、写真にまつわる展覧会を紹介します。

小さな画面に濃縮された耽美の世界『金子國義ポラロイド展』

昨年3月に亡くなった美術家・金子國義の、ポラロイド写真約500点を集めた展覧会が行われています。彼は1966年に文学者の澁澤龍彦が翻訳した『O嬢の物語』で挿絵を担当し、翌年の個展でデビューしました。雑誌『ユリイカ』や富士見ロマン文庫の仕事でも知られています。作品の多くは、つり上がった眉と二重瞼の力強い目、ツンと通った鼻筋にぼってりした唇を持つ少女像で、世紀末的なエロスとデカダンスをたたえた作風は、他の追随を許しません。本展の作品でも、彼の絵とそっくりの女性たちが艶めかしいポーズで登場し、中には金子と絡んでいる構図も。決して大規模な展覧会ではありませんが、作家特有の濃密な世界観を味わえる貴重な機会です。

2016年5月7日(土)~6月5日(日)※木~日曜のみ開廊(13:00~21:00)
AIRギャラリー(大阪市南堀江4-33-5)

フィルム写真の魅力を再発見『ゼラチンシルバーセッション巡回展』

デジタル写真が普及し、携帯電話で撮影するのが当たり前になった今、銀塩写真(塩化銀を感光剤に使い、印画紙にプリントするフィルム写真)の市場規模は急速に縮小しています。その状況に対して、銀塩写真ならではの楽しさ、面白さを伝え、次世代に繋げる活動を行っているのが「ゼラチンシルバーセッション」です。その巡回展となる本展では、2015年に「撮り下ろし競作」(参加写真家が2人1組となり、作品を撮り下ろす)をテーマに行った展覧会の作品162点(本展のみの特別出品を含む)と、2007年に「ネガ交換」(写真家が2人1組となり、自身のネガと互いに交換したネガからプリントを仕上げる)をテーマに行った展覧会の作品32点を展覧。銀塩写真ならではの魅力をたっぷり味わうことができます。

2016年4月2日(土)~6月12日(日)
入江泰吉記念奈良市写真美術館(奈良市高畑町600-1)

1/2ページ

最終更新:5月26日(木)21時31分

Lmaga.jp