ここから本文です

菅田将暉&小松菜奈の寸止めキス! 『溺れるナイフ』特報映像・ポスター解禁

クランクイン! 5月25日(水)5時0分配信

 11月公開の映画『溺れるナイフ』より、菅田将暉と小松菜奈による美しくも危うい恋を描いた特報映像と、ポスタービジュアルが解禁された。それに合わせ菅田、小松、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音などすでに発表されている出演者に加え、志磨遼平(ドレスコーズ)、斉藤陽一郎、嶺豪一、伊藤歩夢、堀内正美、市川実和子、ミッキー・カーチスら追加キャストも明らかとなった。

【関連】「菅田将暉」フォトギャラリー


 今作は「別冊フレンド」(講談社)にて連載されていたジョージ朝倉による少女コミックの映画化。父の故郷である田舎に引っ越してきた美少女モデルのヒロイン・夏芽(小松)が、その土地一帯を取り仕切る神主一族の末裔で跡取り息子のコウ(菅田)に出会い、強く惹かれていく物語。
 
 解禁された特報映像は、ロケ地である和歌山県の大自然を舞台に、甘酸っぱくも切ない恋愛模様が描かれた内容となっている。照り付ける陽射しの中、顔をくしゃくしゃにして笑いながら、海岸沿いをバイクで疾走していく主演の2人。

 出会った時から強烈に惹かれあう2人だったが、「もう俺に関わらんで」と突き放すように言うコウ。コウに憧れを抱く幼馴染の松永カナ(上白石)、それぞれの想いが映し出される。

 またティザーポスターには、バイクにまたがり笑いあう夏芽とコウ、「恋をした。目が回るほど、息が止まるほど、震えるほど―。」とのコピーが、切ないラブストーリーを予感させる仕上がりとなっている。

最終更新:5月25日(水)10時15分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。