ここから本文です

戸田恵梨香、松田龍平主演『ぼくのおじさん』で初の先生役

クランクイン! 5月25日(水)6時0分配信

 松田龍平主演の最新作『ぼくのおじさん』(11月3日公開)より、ヒロインの真木よう子、度重なる選考を見事勝ち抜いた子役・大西利空に続き、戸次重幸、寺島しのぶ、宮藤官九郎、戸田恵梨香ら豪華追加キャストの出演が明らかとなり、劇中のビジュアルが公開された。

【関連】『ぼくのおじさん』追加キャスト<フォトギャラリー>


 本作は、北杜夫による同名児童書の映画化。親戚宅に転がり込み万年床で暮らすおじさん(松田)が、一目ぼれした女性を追いかけるためハワイへ行こうとあの手この手を画策する様子を、“ぼく”こと甥っ子・雪男の視線でユーモアたっぷりに描く。『天然コケッコー』『苦役列車』などで知られる山下敦弘監督がメガホンをとる。

 今回、新たに甥っ子・雪男の担任みのり先生役に先生役初挑戦となる戸田、おじさんと同居している雪男の父・定男役に宮藤、母・節子役に寺島、ひょんなことからおじさん、雪男と知り合う創業200年の老舗和菓子屋の御曹司・青木役に戸次がキャスティング。

 山下監督は脇を固める豪華キャストに関して、「それぞれの役に共通して言えるのは、龍平くん演じるおじさんに対して“ちゃんとした大人”に見える、という所。しかし、皆さんどこか妙にズレていて本人たちの持ち味が滲み出るように演じてくれました」と確かな演技を絶賛する。

 戸次は「おじさんについて最初はおじさん役が松田龍平くんか?って、視聴者側的な驚きがありましたが、利空くんとペアルックで並んでいる姿を見たら、妙な説得力があって、おじさんぷりがしっくりきていて驚きました」と松田を称賛。

 先生役の戸田は「女の子ぽくて、こっぱずかしい感じの衣装だったのですが、今まで着ていなかったので、とても新鮮でした」と振り返り「私自身、おじさんはとてもかかわいらしい人だと思っているので、実際できあがったものを楽しみにしています」と作品の完成を心待ちにしているようだ。

最終更新:5月25日(水)6時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。