ここから本文です

助っ人、ベテランが故障や不調も…若手が支える巨人の先発陣

ベースボールキング 5月25日(水)6時30分配信

昨季安定した先発陣も、故障や不調で…

 プロ野球が開幕して2カ月。40試合以上を戦い、各球団の戦力が見えてきた。V奪回を目指す今季の巨人は、投手陣が際立つ。

 まず、昨季のローテーション投手を確認しておくと、菅野智之、高木勇人、ポレダ、マイコラスの4人が規定投球回数をクリア。4人の昨季成績は、菅野が10勝11敗、防御率1.91、高木が9勝10敗、防御率3.19、ポレダが8勝8敗、防御率2.94、マイコラスが13勝3敗、防御率1.92。堂々たる成績だ。

 ただこのうち、今季もローテーションを務めているのは、菅野と高木だけなのだ。ポレダは不調で、負傷治療のため一時米国へ帰国することが発表された。マイコラスは右肩痛から復調気配だが、もう少し時間がかかる。

 ベテラン勢を見ても、内海は一軍登板を果たしたが、内容は今一つ。杉内俊哉は股関節手術からリハビリし、後半戦から復帰予定。大竹寛も調子が上がらない…。主戦投手がこれだけ不調なのに、上位にいる。

 もっと言えば、即戦力として期待が高かったルーキー・桜井俊貴投手は1試合に登板したが、故障で二軍落ち。

若手2人が台頭

 
 苦しい台所事情の中、現在の先発ローテーションは、菅野、高木、今村信貴、田口麗斗の4人が務めている。

 菅野は今季ここまで、9試合に登板して、4勝0敗、防御率0.61と抜群の安定感を誇る。特に4月は4試合に登板して、1失点したが、自責は0。防御率は驚異の0.00を記録した。

 高木はコントロールが定まらず不安定な部分もあるが、それでも最低限の役割は果たしている。21歳の田口は昨季は3勝5敗だったが、4月27日の阪神戦で完投勝利を挙げるなど、今季は完全に独り立ちした。同じく22歳の左腕・今村も、安定したピッチングを披露しており、首脳陣の信頼を勝ち取った。

 菅野以外は、発展途上の選手。ベテランたちが故障や不調で苦しむ中、若手投手たちの活躍が、今の巨人を支えている。

BASEBALL KING

最終更新:5月25日(水)6時30分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。