ここから本文です

【完全レポ】[Alexandros]、ONE OK ROCK、星野 源ら登場! METROCK 2日目をレポート!

RO69(アールオーロック) 5月25日(水)18時45分配信

2016年5月21日~5月22日の2日間、東京・新木場若洲公園にて「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016」が開催された。RO69では、この2日目の模様をライブ写真とレポートでお届けする。

--------------------------

都市型野外フェスティバルとしてロックカルチャーの魅力を伝える「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL」(以下METROCK)。開催4年目となるこのフェスが5月22日、東京新木場若洲公園にて最終日を迎えた。総勢16組の超強力アーティストが共演した模様を一気にレポートします!

最も大きなWINDMILL FIELDにまず現れたのはキュウソネコカミだ! ステージ奥にそびえる巨大風車がブンブン回るほどの風、そして青空の中、本フェス3年目にして初のWINDMILL FIELD出演を果たした彼らを観ようと観客は超満員。“MEGA SHAKE IT!”、“ファントムヴァイブレーション”などを熱演し、“DQNなりたい、40代で死にたい”ではヤマサキ セイヤ(Vo・G)が「俺をどの人間よりも高い位置に!」と叫びながらお客さんの手の上に立つなど、大盛り上がり。素晴らしい先鋒の次は9mm Parabellum Bulletの登場。“Discommunication”、“反逆のマーチ”を立て続けに炸裂させた彼らは、ヘヴィだが速いという独特のグルーヴと、爆音の中でも歌がしっかり聞こえるところが秀逸だ。“新しい光”で歌詞に合わせ「手を取ってくれMETROCK!」と拳を突き上げ、出番を終えた。

会場中央に位置するNEW BEAT SQUAREでトップを飾ったのはSuchmos。強い陽射しに火照った体を、湘南のビーチへワープさせるような極上のブラックミュージックが響きわたる。サングラスをかけ、首を横に揺らしながらビートを刻む姿がクールな彼らは、“Miree”の歌詞を《終電で繰り出して新木場で待って》と変えたり、7月発売の新曲“MINT”を一足早く届けるなど、特別なライブを観せてくれた。続いて登場するのは1997年生まれのシンガーソングライターAnly。アコギ1本によるエド・シーラン“Don’t”のカバーや、デビュー曲の“太陽に笑え”など、力強い歌声を聴かせた。

生い茂る緑に浮かぶSEASIDE PARKは、熱狂必至のアクトが勢揃い! グッドモーニングアメリカがこの地にぴったりな“inトーキョーシティ”を歌い、OKAMOTO’Sが“Dance With You”で踊らせ、アルカラがMCも含めた自由奔放なライブを披露! WINDMILL FIELDに戻るとこの日の最年長バンド、くるりの出番だ。憂いに満ちたコードの中でギターが吠える“How To Go”、一歩踏み出す勇気を与える“ロックンロール”、恍惚と演奏に没頭する“黒い扉”など、2004年発売のアルバム『アンテナ』収録曲を中心とした貴重なセットを送る。続いては星野源! 黒シャツに白タイとサスペンダーを合わせたシックな出で立ちの彼は、登場するやいなやスマホで自撮りをするなどいつにも増して愛嬌たっぷり。“地獄でなぜ悪い”、“夢の外へ”などエンターテインメント性溢れる絶品ナンバーを歌ってくれた。

同じ頃NEW BEAT SQUAREでは水曜日のカンパネラがライブをスタート。と思いきや、舞台にコムアイの姿がない? なんと彼女が現れたのはPAテントの脇! しかも脚立の上だ! 予期せぬサプライズにどよめきが起こる中、MCでフリを教授してから“ディアブロ”へ。音が鳴った瞬間、不安定な足場もなんのその。トラックに合わせて身体を動かす。一挙手一投足が可憐で、エモく、楽しい。そんなステージングで観客を大いに沸かせた彼女に続き、こちらも勢いに乗る04 Limited Sazabysが演奏を開始。1曲目“monolith”から超満員の中サークルが巻き起こり、“swim”ではモッシュの嵐に。メロコア新世代として注目を集める彼らだが、「さっきくるりを見てたら最高で」とGEN(Vo・B)が語るなど、ジャンルの違う先輩へも敬意を感じさせるところが素晴らしい。そしてNEW BEAT SQUAREのトリを務めたのはWANIMAだ。これ以上ないメロコアリレーに、SEが鳴った時点ですでに拍手喝采。入場後、聞き取れぬほどMCをまくしたてること数分。ようやく曲に入ると、“いいから”、“エル”などをブチかまし、拳を突き上げた。
SEASIDE PARKへ移ると、きのこ帝国の深淵が広がっている。疾走しながらも影を落とす“ひとひら”や“35”、胸をえぐるような“夜が明けたら”、心をふっと軽くするラブソングの新曲“クライベイビー”を奏でる。最後の“東京”の終盤、のけ反りながら《東京》と叫ぶ声に合わせて照明が明るくなったシーンに、思わず立ち尽くしてしまった。続いてはいよいよこちらのトリ、indigo la Endだ。“夜明けの街でサヨナラを”でギターを掲げるパフォーマンスが飛び出し、夜の野外にぴったりな“夏夜のマジック”を歌うなど、この日は一段とエモーショナルなライブ。しかも最後に、前日の夜に作ったという“夜の恋は”をワンコーラスだけ弾き語るというおまけつき。スモークのたかれた舞台に、切ない余韻を残して去っていった。

いよいよMETROCKの終幕が近づく中、WINDMILL FIELDにONE OK ROCKが登場する。「METROCKいくぞー!」と初っ端からエンジン全開のTaka(Vo)は、“Take me to the top”でしゃがみ込みながらシャウト! “Cry out”では大合唱を巻き起こし、「中心に向かって突っ込め!」とフロアに生まれた円形のスペースへモッシュを促す。彼らのライブは一方的に投げつけて終わりではなく、観客とコミュニケーションを取りながらともに作り上げるところが素晴らしい。ラストは“完全感覚Dreamer”で、最高潮の熱狂とともにアクトを終了させた。

待ちに待った大トリは[Alexandros]! 赤い照明の下、両手を広げてゆっくりとメンバーが現れる。その姿、威風堂々の一言だ。自然と大合唱が起こる“ワタリドリ”、“Boo!”、“Girl A”と畳み掛ける。飛び跳ね、頭を振りながらプレイする姿に会場のボルテージは沸点へ。“Run Away”、“New Wall”などとアンセム尽くしで、ラストは“Starrrrrrr”。川上洋平(Vo・G)と磯部寛之(B)が向き合ってかき鳴らし、白井眞輝(G)が天を仰ぎながら弾き倒す様はまさに名演。曲が終わって一度はけた後、「アンコールいただきましたー!」と口にした洋平は、ここで突如ホワイト・ストライプスの“Seven Nation Army”をカバーし出す。反応から察するとメンバーも知らなかったようだが、しっかりとついていくところはさすがだ。そしてステージに仰向けになりながら歌った“Adventure”、「ぶっ放していいですか!?」という言葉から入った“Dracula La”でフィナーレを迎えた。かに思えたが、またも洋平が一人で「FEEL IT」をテーマにしたCM提供曲を弾き語り、これにて本当の終幕。王者の貫禄とサービス精神に溢れる、最高の締めくくりとなった。(秋摩竜太郎)

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月25日(水)18時45分

RO69(アールオーロック)