ここから本文です

「サムライ金沢」設立 北陸大初・学生ベンチャー、武士文化をアピール

北國新聞社 5月25日(水)3時2分配信

 北陸大で初となる学生ベンチャー企業「サムライ金沢株式会社」の設立式は24日、同大太陽が丘キャンパスで行われた。同大地域連携センター長の武田幸男教授のゼミ生44人が、商品開発やイベント企画を通して、「金沢の武士文化」をアピールする。

 北陸新幹線開業を機に昨年3月から始まった、侍や町娘にふんした学生による観光ボランティアを、より発展、充実させるために設立した。国内での就業が禁じられている留学生も関われるようにするため、課外授業で経営方針を話し合い、サムライ金沢が運営に反映する。

 金城大短大部美術学科と協力してのキャラクター開発や、忍者をテーマにしたイベント「ニンジャリンピック」の開催などを予定している。

 設立式では、侍姿の武田教授や学生らが、設立の目的や企業理念を説明した。

北國新聞社

最終更新:5月25日(水)3時2分

北國新聞社