ここから本文です

創業支援で協調融資 北陸銀と日本公庫、北陸三県対象に

北國新聞社 5月25日(水)2時57分配信

 北陸銀行と日本政策金融公庫は、北陸三県の創業支援で協力関係を築き、24日までに協調融資の第1号として、金沢市内で開業するすし店に開業資金を供給した。両金融機関は、創業支援担当部署の合同勉強会を開くのをはじめ、創業希望者を対象にセミナーを開く。

 協調融資した先は、金沢市尾山町に新規開業するすし店「飛」で、店主の飛地孝志さんは、名店で24年間腕を磨いて6月に独立する。北陸銀行が3月に創設した「ほくぎん創業支援ローン」を適用し、日本公庫も合わせて融資した。

 日本公庫北陸創業支援センターによると、地銀と連携した創業支援、協調融資は全国的に珍しい。創業希望者の情報や支援の枠組み作り、創業後のサポートなどで協力する計画で、複数の創業案件を現在、共同で進めている。北陸銀行と日本公庫の主催で28日に富山市で創業支援のセミナーを予定し、今後、金沢市で7月9日、福井市では9月に同様のセミナーを予定する。

北國新聞社

最終更新:5月25日(水)2時57分

北國新聞社