ここから本文です

グーグル、歩行者の吸着技術で特許出願

carview! 5月25日(水)17時50分配信

米グーグルは、衝突時の歩行者の損傷を軽減する新しい方法として、歩行者を自動車のボンネットに吸着する方法を発明し、アメリカで特許出願を行った。

【拡大写真を見る】

グーグルが発明した歩行者保護の狙いは、自動車と歩行者の衝突の際に、歩行者を二次被害から防ぐこと。自動車との衝突による最初の損傷は免れないが、その後、歩行者が地面に叩き付けられたり、後続車に再びはねられたりする二次被害のリスクを軽減する。

具体的には、バンパーやボンネット、フェンダーに強力な吸着性のある物質を張り付け、その上にコーティングを施す。事故の際の衝撃でそのコーティングが破れると吸着性物質が露出し、歩行者の身体を吸着する仕組みだ。

グーグルによれば、この技術は自動操縦における衝突安全性を高めるひとつの方法として考え出された。

衝突の際に歩行者を守る技術といえば、衝突時にボンネットを跳ね上げ、頭部の損傷を防ぐものが実用化されているが、歩行者を車体にくっつけて保護するというのは聞いたことがない。その効果のほどを実際に見てみたいものだ。

株式会社カービュー

最終更新:5月25日(水)17時50分

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]