ここから本文です

サッカーJ2・FC岐阜 市民無料招待「総力戦」企画の裏側とは

THE PAGE 5月26日(木)11時45分配信

岐阜市民の観覧を全員無料に

 サッカーJ2・FC岐阜は、28日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場(岐阜県岐阜市)で行うリーグ第15節、モンテディオ山形戦(午後4時キックオフ)で、岐阜市民の観覧を全員無料にする。対象になる席は最大8000人分。このような大胆な企画の裏には、チームの厳しい状況を支え続ける、地元の深い愛情があった。

J1名古屋 公式戦に小学生1万人招待 初企画の裏に厳しい現実も

財政難に陥りクラブ消滅の危機もあった

 FC岐阜は、岐阜市を中心とする岐阜県全県を、ホームタウンとして活動する。クラブ設立は2001年。それまでは地元企業にジャパンフットボールリーグ(いわゆる旧JFL)加盟のサッカー部があったが、1997年に解散。岐阜を代表するチームがなくなったことを残念に思う県内のサッカー関係者などが協力して、FC岐阜を立ち上げた。2006年に日本フットボールリーグ(JFL)、07年にJ2昇格を決めた。

 クラブは順調に上を目指すが、財政難に陥ることもあり、クラブ消滅の危機もあった。そんな中、地元企業や行政、岐阜県にゆかりのある人たちが継続的に支援。13年には金融・不動産会社「Jトラスト」の社長で岐阜県出身の藤澤信義氏から、1億5000万円の寄付を受けたことで好転。現監督のラモス瑠偉氏の招へいにつながった。

 岐阜県や岐阜市も支援として、ホームスタジアムの長良川競技場の観客席改修と、クラブハウス「岐阜市スポーツ交流センター」を整備。このことで15年、J1昇格のために必要なJ1クラブライセンスが取得できた。J1に挑戦するクラブを応援しようと、県民から約210万円の寄付も集まった。

 さまざまな支援に、選手やコーチらはさまざまな地域貢献活動を展開。幼・保育園や小学校を訪問して行うサッカー教室や、高齢者向け施設を訪ねて、簡単な運動やレクリエーションを施設利用者とともに行っている。

岐阜市ホームタウンデー

 今回、岐阜市民無料招待を行う試合は、岐阜市ホームタウンデーとして、地元企業とともに展開する。ホームタウンデーは、ホームゲームで岐阜県内の各市町村とFC岐阜がタッグを組み、試合会場で観光やグルメなど、その地域の魅力をアピールする。

 無料招待は今年で4度目。企画を進める同市市民体育課の横井敬太さんは「プロサッカーを間近で見たことがない人も気軽に来てもらいたい。サッカーをみんなで応援してFC岐阜を盛り上げる。それがスポーツ振興につながる」と期待を込める。

 地元の支援がクラブに集まる理由として、県内唯一のプロスポーツチームであることを挙げた。さらに、チームや選手の苦労を多くの人が間近で見てきたこともある。「クラブハウスがなかったので、選手は駐車場で着替えをしていたこともあった。そんな姿を見てきたサポーターや地元の関係者は、頑張って欲しいという気持ちを抱いて応援する」と話した。

1/2ページ

最終更新:5月26日(木)11時45分

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]