ここから本文です

王建民、1回を三者凡退 メジャー通算150試合登板達成 台湾2人目

中央社フォーカス台湾 5月26日(木)15時22分配信

(台北 26日 中央社)大リーグ、ロイヤルズの王建民投手は25日、敵地でのツインズ戦で2点を追う8回に4番手として登板。最速約150キロをマークするなど1回を三者凡退に抑え、4試合連続で無失点の好投を見せた。試合はロイヤルズが5-7で敗れた。

この日、節目となるメジャー通算150試合登板を果たした王。2013年オフのブルージェイズ退団後、マイナーなどでプレーしていたが、今年4月にメジャーに復帰。今季は25日現在、14試合に登板し、2勝を挙げている。通算64勝は現役のアジア人投手としてはトップで、歴代でも黒田博樹(79勝)に次ぐ4位。

台湾人投手のメジャー通算登板数は、元ドジャースの左腕、郭泓志の218試合が最多。

(李晋緯/編集:杉野浩司)

最終更新:5月26日(木)15時22分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。