ここから本文です

小学校の校庭に「イシクラゲ」 児童ら大喜び/台湾・台東

中央社フォーカス台湾 5月26日(木)18時14分配信

(台東 26日 中央社)台東県鹿野郷にある永安小学校の校庭にここ数日、藻の一種、イシクラゲが出現している。手軽な食材にもなることから、放課後にビニール袋いっぱいに詰め込んだ児童たちは「帰ってお母さんに炒めてもらう」とホクホク顔だ。

台湾原住民(先住民族)アミ族の言葉では「恋人の涙」と呼ばれるイシクラゲ。梅雨の時期に農薬を使っていない草地にだけ現れる。同小の温上徳校長によると、ラッカセイや1台湾元硬貨の大きさで、空から地面に落ちてきたかのように出てくるという。

イシクラゲは、塩水に浸し、泥や土を取った上で、ショウガ、ニンニク、酒などの調味料などで炒めるのがおいしいとしている。

(盧太城/編集:齊藤啓介)

最終更新:5月26日(木)18時14分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。