ここから本文です

【インド】英国資産売却先、まだ選定せず―タタ・スティール

INDO WATCHER ビジネスプレミアム 5月26日(木)20時25分配信 (有料記事)

 タタ・スティールは5月25日、不振の英国事業の売却に対して関心を示すいずれの企業についても、選定を進めていないことを明らかにした。PTI通信が同日付で報じている。

 タタ・スティールの英国での鉄鋼事業の買収に対しては7社が関心を寄せている。

 タタ・グループは、英国での鉄鋼事業に対する最終入札の締め切りを23日正午に設定しており、一部からは、25日の取締役会で買収先候補を選定し、絞り込みを始めるとの見方も出ていた。本文:955文字 この記事の続きをお読みいただくには、INDO WATCHER ビジネスプレミアムの購入が必要です。

  • 通常価格:
    378円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:5月26日(木)20時25分

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。