ここから本文です

アジア連覇に王手のサクラフィフティーン 3ポジションで先発変更

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 5月26日(木)14時22分配信

 女子アジアラグビーチャンピオンシップ連覇に王手をかけ、28日に東京・秩父宮ラグビー場で女子香港代表と対戦する女子日本代表の試合登録メンバーが発表された。
 サクラフィフティーンの愛称を持つ女子15人制日本代表は、今月7日に香港でおこなわれた第1戦に39-3と快勝。今年の女子アジアラグビーチャンピオンシップは日本と香港の2チームのみが参加しているため、次の試合が最終戦となる。

 先発メンバーは2人変更。第1戦で8番をつけた鈴木実沙紀(東京フェニックス)はHOで先発となり、NO8には伊藤優希(日本体育大)が入る。右WTBは名古屋レディース(中京大4年)の本間美月にチャンスが与えられた。

 リザーブにはFW及川由季(日本体育大)とBK黒木理帆(石見智翠館)が新たに名を連ねた。


<女子アジアチャンピオンシップ 2016 最終節 女子日本代表 試合登録メンバー>

1.斎藤聖奈(PEARLS)  2.鈴木実沙紀(東京フェニックス)  3.南早紀(日本体育大)  4.日向寺亜依(東京フェニックス)  5.三村亜生(YOKOHAMA TKM)  6.乾あゆみ(兵庫県ラグビースクールレディース)  7.末結希(ARUKAS)  8.伊藤優希(日本体育大)  9.野田夢乃(立正大/ARUKAS)  10.山本実(日本体育大)  11.平野恵理子(YOKOHAMA TKM)  12.寺内美樹(RKUラグビー龍ケ崎GRACE)  13.中山潮音(宮崎北高/宮崎レディースラグビークラブ)  14.本間美月(名古屋レディース)  15.田坂藍(主将/ARUKAS)   

〔リザーブ〕
16.片岡瑞帆(日本体育大)  17.山本さやか(PEARLS)  18.伊藤真葵(名古屋レディース)  19.櫻井綾乃(日本体育大)  20.及川由季(日本体育大)  21.井上愛美(RKUラグビー龍ケ崎GRACE)  22.古田真菜(立正大/ARUKAS)  23.黒木理帆(石見智翠館)

最終更新:5月26日(木)14時22分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)