ここから本文です

簡単、見栄えよし! 特別感あり! 女の子の運動会のお弁当

ベネッセ 教育情報サイト 5月26日(木)11時48分配信

運動会のお弁当は、校庭や体育館で家族と食べる学校もあるようですが、教室で友達と食べる学校も多いようです。子どもだけで食べる場合には、お子さまが友達に自慢できるようなお弁当を作ってあげたいですよね。特に女の子は、カワイイものやきれいなものに敏感。盛りつけにひと工夫したいものです。そこで今回は、簡単にできて、見栄えが良い女の子向けの運動会弁当のアイデアを料理研究家の浜田陽子先生に伺いました。

女の子のお弁当に大切なのは、見栄えと「年1回の特別感」

女の子のお弁当で気をつけたいのは、ズバリ「見た目」です。わたしにも娘がいますが、友達から「○○ちゃんのお弁当、すごーい!」と言われると、とても嬉しいようです。だから、家族で食べる運動会弁当よりも、さらに見栄えに気を配っています。また、たいていのおうちでは年に1回のスペシャルイベントですから、特別感のあるお弁当を用意してあげたいですよね。そこで、今回は簡単だけど華があるお弁当のアイデアをご紹介します。

実は手抜き料理だけど、特別感アップ!ホットドッグと手作りゼリーで脱・定番のお弁当

運動会のお弁当というと、おにぎりやいなり寿司、巻き寿司などが定番だと思いますが、年1回の特別感を出すために、ぜひお試しいただきたいのは「ホットドッグ弁当」です。このお弁当は娘に用意して、とても喜ばれたお弁当。パンにウインナーやサラダなど具材を挟むだけで良いので、ご飯やいなり寿司を作るよりも実はとても簡単です。かわいいリボンを使ってキャンディー状にラッピングすると、よりスペシャル感が出せますよ! そして、デザートには寒天を使ったオレンジゼリーはいかがでしょうか。凍らせたゼリーはお口直しとして喜ばれるし、暑い時期には保冷剤代わりにもなるので一石二鳥です。

◆「ホットドッグ弁当」の作り方
(1)前日にパンに挟む具材を用意しておく。
ウインナー+レタス+トマトのほかに、
卵サラダ、ツナ+キュウリなど2~3種類あるとさらに華やか。
(2)運動会当日、パンに切り込みを入れて具を挟む。
(3)ラップでパンを包む。その際、パンの両端は包まないようにする。
(4)ラップの両端をリボンで結んで、できあがり!

★ポイント
・前日に具材を作っておけば、当日は具を挟むだけ。
・パンはホットドッグ用のパン以外にもコッペパン、ロールパンなどでもOK。
・付け合わせには、フルーツなどを添えるとさらによい。
・暑い季節のお弁当には生野菜を避け、ゆでたブロッコリーやアスパラなどを利用。

◆「寒天オレンジゼリー」の作り方
(1)オレンジジュースをぐらぐらするまで沸かす。
(2)適量の粉寒天を混ぜる。
(3)小さなカップに入れて、冷蔵庫で冷やす。
※カットしたフルーツ、ミントを飾ると見栄えがさらに良くなる。

★ポイント
前日までに作って冷凍庫に入れて保存。凍らせたままお弁当に入れれば、保冷剤代わりにもなる。

1/2ページ

最終更新:5月26日(木)12時0分

ベネッセ 教育情報サイト