ここから本文です

AK-69 Def Jam Recordings第一弾シングル収録の「KINGPIN」のドキュメント映像公開

E-TALENTBANK 5月26日(木)12時4分配信

先週発売決定が発表されたばかりのAK-69、7月6日リリースのDef Jam Recordings第一弾シングル収録楽曲にして早くも新たな“ジャパニーズHIP HOPドリーム”アンセムと呼び声が高い「KINGPIN」のドキュメント映像がこのたび公開された。

この映像には、「KINGPIN」のレコーディングの模様のほか、ホームタウン、名古屋のバイト先や若かりし頃たむろしていたストリートなどが映し出され、HIP HOP名門レーベル、Def Jam Recordingsとの電撃契約にいたった秘めたる積年の想い、そして彼自身にとって救世主とも“ヒップホップ”そのものをAK-69が静かに語っている。なかでも亡き朋友TOKANA-Xとの逸話、当時のDef Jam Japanのリリース作品にAK-69をフィーチャーで誘ったこと、そして時が巡りAK-69が再びDef Jam Recordingsを復活させる、というくだりは「生き様」、「輪廻」などを想起させ重厚で、「KINGPIN」という楽曲の意味がより濃度を増す。

そして、この映像の最後には、「すべては、ZEPP TOURで本人の口から語られる」と告知されており、6月10日からのツアーではより深く、濃いストーリーが明らかになりそうだ。その場で語られるAK-69の言霊(=ことだま)、ますます注目だ。なお、「KINGPIN」は6月9日より先行配信がスタートする。

最終更新:5月26日(木)12時4分

E-TALENTBANK