ここから本文です

宝鋼不銹鋼、上海の高炉休止へ ISSF本紙取材

日刊産業新聞 5月26日(木)13時34分配信

 中国・宝鋼集団のステンレスメーカー、宝鋼不銹鋼の路平総経理代行は24日夕、国際ステンレス・フォーラム(ISSF)年次総会が開かれているヘルシンキの会場で産業新聞社の取材に応じ、上海にあるクロム系ステンレス用の高炉2基について、休止する方向であると語った。ニッケル系を生産する電炉はそのまま継続させる。クロム系ステンレスの溶銑の代替については未定。また5年前に買収した福建省の徳盛不銹鋼については品質の向上を目指し、設備投資を積極化すると述べた。

最終更新:5月26日(木)13時34分

日刊産業新聞