ここから本文です

無限コンプリートカー「S660 無限 RA」&「シビックタイプR」速攻試乗

オートックワン 5月26日(木)11時48分配信

無限のコンプリートカー第3弾「S660 無限 RA」

ホンダのワークスチューナーである「無限」。

実はホンダとの資本関係はないのだが、ホンダのニューモデルの発表と同時にパーツのリリースやホンダのディーラーで純正OP同様に購入/装着が可能なことなど、立ち位置はトヨタのTRD、日産のNISMO、スバルのSTIと同じ存在と言っていいだろう。

S660 無限 RA/シビック タイプR 無限スポーツパーツ装着車の写真を見る

F1をはじめとするレーシングエンジンの開発やレースサポートを行なっていたことから、モータースポーツのイメージが非常に強く、市販車用のアフターパーツはその影響を受けている物ばかりである。

そんな無限の夢は、無限の技術を一台にパッケージした「コンプリートカー」を世に出すことだ。

すでに2005年にFD2シビック タイプRがベースの「シビック 無限 RR」、2012年にCR-Zをベースにした「CR-Z 無限 RZ」を限定販売したが、その第3弾が今回紹介するS660がベースの「S660 無限 RA」だ。

レーシングスピリットとユーザーの選択の自由を両立

無限RAはこれまでの2台と同じく「無限のRacingスピリットを注ぎこんだモデル」なのは変わりないが、開発コンセプトは若干異なっている。

「コンプリートカーのスタート(=アルファベットのA)」と言う考え方で、基本性能はシッカリと抑えながら、プラスαはユーザーが自由に選択することが可能となっている。

つまり、ツルシで乗ってもよし、自由にカスタマイズをしてもよし…なのだ。

また、「より幅広いユーザーに乗ってもらいたい」と言う想いから、6速MTだけでなくCVT仕様も設定しているのもポイントだ。

開発コンセプトはノーマルの「ガチスポ」に対して「ガチガチスポ」。もちろん、無限が手を入れるからにはよりスポーティなセットアップとなるが、サーキットスペックではなくノーマルの素性を活かしながら「全ての角度からノーマルよりも上」が目標だ。

つまり、「ストライクゾーンを真ん中に持っていった」と言うのが正しいかも!?

ちなみにこれまでの無限コンプリートは無限独自の企画だったが、実はS660 無限RAはホンダと密になって進められた初のプロジェクト。コンセプトからデザイン、サスペンションの味付けなど、ノーマルのS660チームと一緒に議論しながら開発が進められている。

1/4ページ

最終更新:5月26日(木)11時48分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]