ここから本文です

錦織圭と大坂なおみが3回戦へ [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 5月26日(木)7時30分配信

 フランス・パリで開催されている全仏オープン(5月22日~6月5日)の4日目。

 日本の錦織圭と大坂なおみが、ともにストレート勝利を収めて3回戦に進出した。

大坂なおみがルチッチ バローニを倒してグランドスラム2大会連続3回戦へ [全仏オープン]

 錦織はアンドレイ・クズネツォフ(ロシア)のサービスを6度破り、7本のブレークポイントを凌いで、6-3 6-3 6-3で勝利した。錦織のグランドスラム最高成績は2014年全米オープンの準優勝で、全仏では昨年、準々決勝に進出している。

 錦織は3回戦でフェルナンド・ベスダスコ(スペイン)と対戦する。ベルダスコは2回戦で、イバン・ドディグ(クロアチア)を6-2 6-1 6-3で下しての勝ち上がりだ。

 18歳の大坂は今、2度目のグランドスラム本戦をプレーしているところだ。彼女はまだセットを落としていない。1回戦では第32シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を6-4 7-5で、2回戦ではミルヤナ・ルチッチ バローニ(クロアチア)を6-3 6-3で下している。

 大坂にとって初めてのグランドスラム大会となった今年の全豪オープンでは、予選3試合を勝ち抜き、本戦の3回戦まで進出した。その3回戦では元世界ナンバーワンのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に1-6 1-6で敗れている。

 大坂が3回戦で対戦するのは、2014年全仏オープンの準優勝者で、第6シードをつけたシモナ・ハレプ(ルーマニア)だ。ハレプは2回戦で、ザリナ・ディアス(カザフスタン)を相手に第1セットを1-4とリードされながらも挽回して7-6(5) 6-2で破っている。

「彼女は若いプレーヤー。彼女には失うものは何もないわ」と言ったハレプは、大坂相手の厳しいテストに向け、気持ちを引き締めている。(C)AP(テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

最終更新:5月26日(木)7時30分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。