ここから本文です

今季大ブレイクのコマン、フランス代表OBも「魔法をかけるように笑顔にさせてくれる」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月26日(木)15時30分配信

“ジョーカー”として期待か

元フランス代表DFマルセル・デサイー氏がバイエルンのFWキングスレイ・コマンを称賛している。

今季バイエルンへ移籍してくるとそのスピードを生かし、サイドアタッカーとして大ブレイク。弱冠19歳ながらバイエルンで出場機会を得ることに成功し、EURO2016に臨むフランス代表のメンバーにも招集されている。そんな同選手に対して、デサイー氏は以下のように話した。独『Sport Bild』が伝えている。

「コマンは魔法をかけるように私を笑顔にさせるんだ。彼は経験がほとんどない。そのため、全試合スタメンで起用するなんてことはできないだろう。でも彼は試合の中で特別なことをもたらすと思う。彼はフランス代表の真の武器になり得るよ」

実際コマンは何とか23名の枠の中に滑り込んだが、継続的な出場機会を得ることは難しいだろう。同ポジションにはグリーズマン、マルシャル、パイェなど今季欧州を席巻した選手がおり、コマンは主に“ジョーカー”としての役割を担うことになるはずだ。そこで結果を残すことができれば、真のワールドクラスへとまた一歩近づくことだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月26日(木)15時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。