ここから本文です

「トマトのエボラ」に非常事態宣言、ナイジェリア北部州

AFPBB News 5月26日(木)10時51分配信

(c)AFPBB News

【5月26日 AFP】ナイジェリア北部の州政府は24日、州内のトマト産業がガの幼虫の食害で壊滅的な被害に見舞われていることを受けて、非常事態宣言を発令した。この被害により、同国の主要な食用作物であるトマトの供給が脅かされているという。農業従事者らは、今回のガの大発生を、西アフリカで近年猛威を振るった致死性の感染症になぞらえて「トマトのエボラ」と呼んでいる。

 北部カドゥナ(Kaduna)州からこのニュースが伝えられると、ナイジェリア国内のソーシャルメディアでは、トマト不足によって「ジョロフライス」が作れなくなると懸念する声が次々と上がった。ペースト状のトマトを材料に使うジョロフライスは、同国で広く食されている国民的な料理だ。

 大発生しているのはトマトキバガ(学名:Tuta absoluta)。この被害により、トマトの価格は高騰。ガソリン価格67%上昇とインフレ・スパイラルによって苦しい状況にあるアフリカ最大の経済圏に、また一つ新たな問題が加わった。

 カドゥナ州農業庁のマンゾ・ダニエル(Manzo Daniel)長官は、AFPの取材に「これまでに同州内のトマト栽培地の80%以上を壊滅させたガの大発生に対し、非常事態を宣言した」と語り、ガの大発生によるトマト不足が原因で、価格が「天文学的に」跳ね上がったと続けた。

 ダニエル長官によると、トマト数百個が入ったケースの卸売価格は現在4万2000ナイラ(約2万3000円)ほどだという。ガの大発生以前は、同300~1500ナイラ(約170~830円)だった。

「ガの被害は北部全体に急速に拡大しているため、抜本的な対策を講じなければ、これを発端として大規模な被害が生じることが予想される」とダニエル長官は警告している。

 また、被害を受けた地域のトマト農場経営者200人あまりは、このガの大発生ですでに10億ナイラ(約5億5000万円)以上の損害を被っていることも指摘された。トマトキバガへの対策を講じるため、専門家らが既にケニアに派遣された。

 カドゥナ州の農業当局によると、北部の都市カノ(Kano)郊外に広がるトマト畑1万7000ヘクタールの9割以上が、トマトキバガによって壊滅的な打撃を受けているという。

 南米原産で、欧州やアフリカに生息地を広げているトマトキバガは、苗木に卵を産み付け、そこからふ化した幼虫がトマトの葉や茎、果実を食い荒らす。殺虫剤に対する耐性をすぐに獲得するため抑制は困難となっている。映像は最大都市ラゴス(Lagos)のトマト販売業者。25日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:5月26日(木)16時48分

AFPBB News