ここから本文です

「背筋凍る系」と評判のドラマ「僕のヤバイ妻」、安室が歌う主題歌が配信ランキング堂々1位を獲得

E-TALENTBANK 5月26日(木)17時34分配信

安室奈美恵の新曲「Mint」が、楽曲ダウンロードチャートでも好調だ。

5月18日にCD発売と同時に開始した楽曲ダウンロードが、主要配信サイト“レコチョク”、“iTunes”の週間チャートでどちらも1位を獲得した。


1週間の楽曲ダウンロードを集計したランキング「レコチョク総合 ウィークリーランキング(集計期間5/18~5/24)で堂々の1位を獲得、さらに、iTunes 週間ソング・ランキング(集計期間:5/16~5/22)では、同曲が1位を獲得しつつ、10位にはカップリングナンバー「Chit Chat」もランクイン。シングルとしての高評価が伺える結果となった。

「Mint」は、伊藤英明・木村佳乃などの豪華キャストによる関西テレビ・フジテレビ系火曜22時連続ドラマ「僕のヤバイ妻」主題歌として絶賛オンエア中の話題曲。ミステリアスなギターフレーズで展開されるシリアスかつスリリングなトラックに、刺激的なリリックをクールに歌うボーカルが印象的なダンスロックナンバーだ。

「Mint」ミュージックビデオには、安室“自身史上最多”となる総勢36名のダンサーが出演。安室奈美恵オフィシャルYouTube(AmuroNamieCh)に公開されたショートver.は、公開わずか2週間で200万回再生を突破した。楽曲のイメージに合わせて、ダンサーは全員女性が起用されており、大勢のダンサーが一糸乱れず群舞する華麗な姿が、女性ならではの迫力を魅せる壮観なミュージックビデオに仕上がっている。

なお、同曲はオリコン週間シングルランキング(集計期間:5/16~5/22)で4位となり、22年連続のシングルTOP10入り、アーティスト歴代単独トップ”となる快挙を果たしたばかり。Billboard JAPAN HOT 100では嵐に次いで2位を獲得している。2016年8月からは、自身最多公演となる全国ホールツアーを開催予定。自身最多88公演、34都市で約23万人を動員する。

最終更新:5月26日(木)17時34分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。