ここから本文です

広島・田中、3ラン&猛打賞の活躍に緒方監督「本当に頼もしい限りです」

Full-Count 5月26日(木)12時6分配信

3安打3打点、3ランには「まさか…」

 広島の田中広輔が、25日の巨人戦で3安打3打点の活躍で勝利に貢献した。1点差でこう着状態となっていた6回の3ランは、試合の流れを決める決定的な一発だった。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧

 1死一、三塁のチャンスで迎えたこの打席、初球にはセーフティースクイズを試みた。2ストライクと追い込まれたが「うまく切り替えられた。犠牲フライでもいいと思ったが、まさかホームランになるとは思わなかった」という一撃は、レフトスタンドぎりぎりに入った。

 直前の甲子園での3連戦ではノーヒットに終わるなど、調子は下降気味だった。それでも前日の最終打席に24打席ぶりの安打を放ち、この日の3安打につなげた。

「(打てない間も)感じとしては悪くなかった。1本出れば変わると思った」というように、初回に先制点につながるレフト前ヒットを放つと、6回は3ラン、7回にも安打を放ち、4月30日以来となる猛打賞を記録した。

 緒方監督も「田中は、昨日のヒットが今日につながった」と評し、「本当に頼もしい限りです」と開幕以来、すべての試合でリードオフマンを任せている若きショートストップを褒めた。3安打で打率3割まで間近(.298)としたが、「まだ5月なので打率は意識していない。意識しているのは出塁率です」と、1番の自覚を示した。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:5月26日(木)12時6分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。