ここから本文です

ボディーペイントで注目の若手アーティスト、チョーヒカル初の個展

AFPBB News 5月26日(木)11時16分配信

【5月26日 AFPBB News】本物と見まがうリアルなボディーペインティングで国内外から注目される若手アーティスト、チョーヒカル(Hikaru Cho)。彼女の初個展「SUPER FLASH」が26日から、東京・渋谷で開催される。作品のモデルを務めるのはロックバンドRIZEのベーシストのKenKenやモデルのアリスムカイデ(Aris Mukaide)ら。鑑賞者たちは作品に顔を近づけてそのリアルな筆致を確かめていた。

 4月中旬、個展で展示する新作を撮影するため、チョーは使い古したトランクにいっぱいの画材を詰めて都内のスタジオに現れた。中からアクリル絵の具に筆洗バケツ、そして20本ほどの絵筆を取り出し、さらにラフスケッチをテーブルに並べ、スマートフォンで音楽を流す。凝った作風とは裏腹に、準備はあっけないほどシンプルだった。

 東京都出身のチョーは今春、武蔵野美術大学(Musashino Art University)を卒業したばかりだ。アーティストとして独立するか、就職活動をするか迷いもあり、しばらくは将来が不安で泣き暮らしたと言うが「一回やれるまでやろうと決心がついた」とすがすがしい表情を見せる。時にBGMに合わせて踊ったり、モデルと恋愛話に花を咲かせたりしながら、チョーはリラックスした様子でモデルの肌に筆を走らせていく。

■ハイパーリアルな肉体性

 もともと絵を描くのが好きな少女だった。ボディーペイントを始めたのは、「承認欲求のかたまり」だった18~19歳のころ。たまたま紙を切らした際に、自分の手の上に絵を描いたことがきっかけだった。その作品をツイッター(Twitter)に投稿したところ大きな話題を呼び、企業や出版社からも声がかかった。現在は広告ビジュアルなども手がける人気アーティストとなり、2015年には初の作品集を刊行した。

 23歳のチョーは、複数のSNSアカウントを使いこなすデジタルネイティブ世代。だがその手法は完全なアナログだ。CG(コンピューターグラフィックス)だと思われると反響が薄くなるので、あえて筆遣いを作品に残すこともある。「人は、自分と同じ人間が作ったものに感動する。描く必要がない時代だけれど、私はボディーペイントを通してアナログの力を再確認している」。

1/2ページ

最終更新:5月27日(金)15時25分

AFPBB News