ここから本文です

【MLB】元楽天ゴームズの現役引退は誤報!? 本人が否定、米記者が伝える

Full-Count 5月26日(木)13時26分配信

米複数メディアが報じるも…ボストンの記者は「彼は引退しない」

 元楽天のジョニー・ゴームズ外野手が引退を決断したと複数の米メディアが報じたニュースについて、本人がこれを否定したことをボストンの地元ラジオ局「WEEI」のロブ・ブラッドフォード記者が伝えた。メジャー通算162本塁打のゴームズの去就については米国内でも大きく取り上げられたが、誤報である可能性が高まってきた。

楽天の今オフの補強一覧

 ブラッドフォード記者は自身のツイッターで「たった今ゴームズと話した。彼は引退しない」と伝えている。

 ゴームズは2003年にレイズでデビューして以来、レッズ、ナショナルズ、アスレチックス、レッドソックス、ブレーブス、ロイヤルズと、メジャー生活13年で7球団を渡り歩いた。2013年には、レッドソックスで上原、田澤らとともにワールドシリーズ制覇に大きく貢献。チームを引っ張る強烈なリーダーシップを持ち、人格者としても知られている。

 今季は楽天に加入も、18試合出場で打率.169、1本塁打に終わり、4月22日に出場選手登録を抹消。「家庭の事情」で米国に帰国し、5月6日に球団から退団が発表されていた。

 帰国後、ゴームズは米FOXスポーツの名物記者ケン・ローゼンタール氏の取材に対し、チームメートとのコミュニケーションの問題や、地震への恐怖が退団の理由になったと明かした。さらに、メジャー復帰を熱望し、「50歳になってもプレーをしたい」とも話していた。この言葉通り、現役を続行することになるのだろうか。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月26日(木)15時41分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報