ここから本文です

Jリーグ勢のACL敗退にハリルがチクリ 「海外で何が起こっているかもっと見てほしい」「日本のチームは同じよう」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月26日(木)17時45分配信

足りないのは戦う意識、スピード、ボディコンタクト……

25日に行われたAFCチャンピオンズリーグのラウンド16で、浦和レッズはFCソウルにPK戦の末に敗れた。前日にはFC東京も敗退し、最後の砦だった浦和も敗れたことで、Jリーグ勢は16強で全チームが姿を消した。

「キリンカップサッカー2016」に向けたメンバー発表会見で、日本代表指揮官ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、Jリーグ勢がACLで敗退したことについて問われると「単純に他の相手が強かったから日本のチームはいなくなったということ。UAE、韓国、中国が2チームずつ残ったのは偶然ではない。彼らはより多くのトレーニングをこなしている」と分析した。

そして、Jリーグについて「戦う意識の見られる試合も増えてきたが、まだ稀だ。海外のサッカーは(Jリーグとは)全く違う世界だ。答えは簡単。『もっとやれ』ということ。海外で何が起きているかをもっと見てほしい。特に戦う意識の部分、そしてプレイのスピード。日本の選手はもっと速く走れるし、もっとボディコンタクトができる」と問題点を指摘した。

また「川崎と浦和はときどきハイプレスをかけるやり方をしているが、その他の日本のチームは同じようなサッカーをしている。自陣に戻って相手のミスを待っている」と指摘し、「現代サッカーに日本の長所を落としこんでいかなければならない」と訴えた。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月26日(木)17時45分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。