ここから本文です

2回戦で大記録がかかるジョコビッチとナダル [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 5月26日(木)22時2分配信

 フランス・パリで開催されている全仏オープン(5月22日~6月5日)の5日目。

 男子シングルス2回戦で、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)とラファエル・ナダル(スペイン)が勝利を収めると、ともに偉大な記録を達成する。

29歳の誕生日を迎えたジョコビッチ、いまだ手にしていない全仏タイトルを追う

 4大大会で唯一、優勝経験のない全仏オープンを制し、キャリア・グランドスラムを目指すジョコビッチ。世界ランキング161位で予選上がりのスティーブ・ダルシー(ベルギー)を倒せば、史上7人目の全仏通算50勝を挙げることになる。

 同記録を達成しているのは、ナダル、ロジャー・フェデラー(スイス)、ギジェルモ・ビラス(アルゼンチン)、イワン・レンドル(アメリカ)、アンドレ・アガシ(アメリカ)、ニコラ・ピエトランジェリ(イタリア)。この6人はジョコビッチとは異なり、いずれも全仏オープンの優勝経験がある。現在のジョコビッチの全仏戦績は、49勝11敗だ。

 今大会、第4シードのナダルは2回戦で、99位のファクンド・バグニス(アルゼンチン)に勝てば、史上8人目のグランドスラム通算200勝に到達する。現在の通算成績は199勝30敗。

 そのほか、2回戦で記録がかかるのは、第7シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)と対戦する72位のマレク・ジャジリ(チュニジア)だ。ジャジリがもし3回戦に進めば、チュニジア人としては1963年のムスタファ・ベルコジャ以来のこととなる。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 22: Serbia's Novak Djokovic smiles during his birthday party at the the Roland Garros stadium in Paris on May 22, 2016. (Photo by Emine Urer/Anadolu Agency/Getty Images)

最終更新:5月26日(木)22時2分

THE TENNIS DAILY