ここから本文です

U-17W杯アジア最終予選の組み合わせ決定 「00ジャパン」はオーストラリア、ベトナム、キルギスと同組

theWORLD(ザ・ワールド) 5月26日(木)19時50分配信

上位4チームがワールドカップへ

9月に行われるAFC U-16選手権インド2016(U-17W杯アジア最終予選)の組み合わせ抽選が行われた。開催国として2017U-17W杯の出場が決まっているインド以外の上位4チームに入れば、ワールドカップへの出場権を獲得することができる。

昨年9月に行われた同大会の予選グループを首位で通過した日本代表は、オーストラリア、ベトナム、キルギスと同組となった。

森山佳郎監督が率いるU-16日本代表候補には、FC東京U-18で公式戦デビューを果たしているFC東京U-15むさしの久保建英らが選出されている。U-16代表は5月27日から6月7日にかけてインド・ベトナム遠征を行い、U-18インド代表、U-18ゴア選抜などとの試合を予定している。

組み合わせ抽選の結果は以下のとおり。

グループA:インド、イラン、サウジアラビア、UAE
グループB:オーストラリア、日本、ベトナム、キルギス
グループC:韓国、マレーシア、オマーン、イラク
グループD:北朝鮮、ウズベキスタン、タイ、イエメン

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月28日(土)13時56分

theWORLD(ザ・ワールド)