ここから本文です

クラブCEOはゲッツェの残留宣言を疑問視か「自分自身を査定しなければならない」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月26日(木)20時40分配信

ポジティブな反応もあるが

バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOはMFマリオ・ゲッツェの決断にやや疑問を感じているのかもしれない。

先日、「来季もバイエルンでのプレイを楽しみにしている」とコメントしたことで残留が濃厚となったゲッツェ。バイエルンではいまだ真価を発揮できていないながら、来季も自身のポジションのために戦う決意をした同選手にはポジティブな反応も外部から届いているが、ルンメニゲ氏はそういった人々とはやや異なるリアクションを示している。

同氏は独『Kicker』で「マリオはクラブや監督が何を考えているということを理解したうえで、明確な発表をした。私もゲッツェ、アンチェロッティと話はしている。マリオはこれから自分自身を査定しなければならない。『自分がコンスタントにプレイできるか』ということをね」と話した。

ルンメニゲ氏はゲッツェがどういう扱いを受けるか分かったうえで残留を決めたということを強調している。それはつまり今季と同じように必ずしも出場機会は保証されないということを意味しているだろう。ゲッツェにとって来季も難しい戦いになる可能性が浮上しているが、クラブは放出もやむなしという姿勢を取っていただけに、当然の対応なのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月26日(木)20時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。