ここから本文です

シメオネの守備戦術を語る仏代表FW「尊敬には値するけど一時的な流行だ」「サッカーの本質を脇に置いてしまっている」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月26日(木)22時40分配信

ペップ好きを公言

フットボールにおける本質とは何を指すのだろうか。鮮やかな攻撃か、それとも屈強な守備ブロックか。少なくともニースでプレイするフランス代表FWハテム・ベン・アルファにとっては、前者が好みのスタイルなのかもしれない。

かつてカリム・ベンゼマやサミル・ナスリ、そしてジェレミー・メネズらと共に、フランス黄金世代の一員として将来を嘱望されたベン・アルファが、今季の欧州を席巻したアトレティコ・マドリードのフットボールスタイルについて言及。彼はディエゴ・シメオネの敢行するスタイルが、自身の好みとは合致しないと考えているようだ。伊『Gazzetta dello sport』がベン・アルファのコメントを伝えている。

「(アトレティコのサッカーは楽しめるかどうかを聞かれ)彼らのサッカーはリスペクトに値するよ。でもあのスタイルのサッカーは僕には合わないな。あれは長続きしない一時的な流行だし、サッカーの本質を脇に置いてしまっているからね。僕は“グアルディオラ・チルドレン”さ。彼のやり方を愛してる」

ペップ・グアルディオラへの深い愛情を表現し、シメオネのフットボールは一時的なブームだと語ったベン・アルファ。繊細なドリブルテクニックを得意とし、より長くボールに触れたいと望む同選手にとって、“走り続ける”シメオネの戦術はハードなものに写ったのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5月26日(木)22時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報