ここから本文です

マイケル・ジャクソンに秘密の恋?元恋人を名乗る女性が暴露本出版

クランクイン! 5月26日(木)12時47分配信

 2009年6月に自宅で死去したスーパースター、マイケル・ジャクソンの秘密の恋人だったと主張する女性シャナ・マンガタール(Shana Mangatal)が、8月にマイケルとの関係を明かす回顧録『Michael and Me:The Untold Story of Michael Jackson’s Secret Romance(原題)』を発売するという。シャナはRadarとの独占インタビューでマイケルとの関係について語ったそうだ。

【関連】「マイケル・ジャクソン」フォトギャラリー


 海外メディアRadarによると、シャナは回顧録の中で破局・復縁を繰り返していたマイケルとの関係やマイケルの2度の結婚、マイケルを苦しめた児童性的虐待スキャンダルなどに触れているという。シャナがマイケルに初めて会ったのは1988年。彼が他界するまで連絡を取り合っていたという。「本は私がファンとして彼に初めて会った時から、その時に彼がモーションをかけてきたことなども含めてすべてを語っている。“彼には何かある。だって私に興味を持っているもの”と思ったわ」と当時を振り返ったそうだ。

 シャナはマイケルがリサ・マリー・プレスリーやデビー・ロウと結婚している時も彼と話すことはあったそうだが、マイケルは結婚生活を重んじ、シャナと浮気はしなかったという。

 英Mail Onlineによると、シャナの著書のプレスリリースには「彼らの関係は静かでスイートで本物でした。固く守れた秘密、信頼のおける数人の従業員と友人だけが知っていました」という解説があるという。果たしてどんな秘密が明かされるのか。本はマイケルの誕生日である8月29日に発売されるそうだ。

最終更新:5月26日(木)12時47分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。