ここから本文です

プロ野球を経験せずにメジャー挑戦した田沢 WBC出場へ高まる期待

ベースボールキング 5月26日(木)6時30分配信

プロ野球を経験せずメジャー挑戦

 ア・リーグ東地区2位に位置するレッドソックス・田沢純一が好調だ。今季も貴重な中継ぎとして19試合に登板、17回1/3を投げ、0勝1敗、防御率1.53と、その役割を果たしている。

 プロ8年目。愛称は「タズ」。2009年にメジャーデビューを果たし、12年からは中継ぎとして安定した投球を見せている。13、14年は71試合登板、昨季も61試合に登板。13年には、同僚の先輩・上原浩治とともに、チームのワールドシリーズ制覇に貢献した。

 田沢の経歴を振り返ると、プロ野球を経験せずにメジャー挑戦したのだ。いわゆる「田沢問題」。どんなものだったか、今一度考えてみる。

 田沢は、横浜商大高校から新日本石油へ就職。社会人野球で大会MVPにあたる橋戸賞を受賞するなど活躍した。ドラフト1位候補として脚光を浴びたが、ドラフト直前の08年9月11日に記者会見を開き、メジャー挑戦を表明。

 12球団にドラフト指名を見送るように文書を送付した。アマチュア選手の希望を無視することは、職業選択の自由を阻害することになり、各球団は田沢の希望を受け入れた。

 一方で、今後も、田沢のような選手が続出すると、ドラフト制度そのものが崩壊してしまう恐れがあるとして、ドラフト指名を拒否して海外のプロ球団と契約した選手は、その球団を退団しても、一定期間(大卒、社会人は2年間、高校生は3年間)は日本のプロ野球球団と契約できないとするルールを設けた。これが「田沢ルール」だ。

 日本のドラフト制度に一石を投じる形でメジャー挑戦を果たした田沢だが、レッドソックスでは、上記のとおりの大活躍。ただ、日本でプレーしていたら、どれだけやれていたのかという興味もある。

来年のWBC出場も期待

 今季も、7回や8回にピンチで登板するケースが多いが、後続を抑えている。心臓に毛が生えているのではないか、というぐらいに落ち着いた投球を見せている。

 さらに来年3月に行われるWBCで、日本代表選手への期待も高まる。ある野球評論家は『「田沢ルール」が壁になって、招集できないのではないか』と話したことがあった。だが、このルールは日本の球団と契約できないと規定しているだけで、代表招集ができないとは、どこにも書かれていない。田沢ルールがあっても、田沢が日本代表入りしても問題はないはずだ。

 メジャーの先駆者といわれた、あの野茂英雄。近鉄を退団してメジャー挑戦を果たした。その後の野茂の活躍は説明する必要はないだろう。野茂と田沢。メジャー挑戦の方法も違うし、先発と中継ぎと役割も違う。ただ、2人の共通点をあげるとすれば、それは覚悟を持ったこと。田沢には、今後もメジャーで活躍の期待がかかる。

BASEBALL KING

最終更新:5月26日(木)6時30分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]