ここから本文です

イチローの日米通算記録 米評論家の声は?

ベースボールキング 5月26日(木)7時30分配信

 今季のイチローは、1試合4安打を2度記録するなど“安打製造機”ぶりを発揮している。昨季まで、メジャーで積み上げた安打数は2935本。15年でのこの数字は、1年平均で196本。とんでもない数字だ。日本プロ野球では1278本。9年間での数字で、1年平均では142本となる。

 昨季まで日米通算安打数は、4213本。これは、ピート・ローズのメジャー最多4256安打に、43安打に迫る数字だ。3000本まで65本、最多安打更新まで44安打として、今季に挑んだイチロー。現在の安打数は25本で、どちらの達成も時間の問題だろう。

 さて、この日米通算という数字。米国内では比較的、受け入れられているように思う。「日米通算でも、イチローが最多安打保持者だ」「日米通算でも、日本が米国と比べてレベルが劣っていないことはWBCの結果を見れば明らかだ」など、報道も好意的だ。

 理由ははっきりしている。かりに、イチローが20歳からメジャーでプレーしていたと仮定する。日本は当時130試合制で、メジャーは162試合制。メジャーでも毎年200本を打っていたと考えることは自然だ。すると、200本×7=1400本で、18歳、19歳のときに打った安打を合計すると、1436安打になる。昨季までの2935本と合計すると、4371安打となり、すでにメジャー最多安打を打っていることになるのだ。

 一方で、否定的な見方をする向きもある。「日本での記録は除外するべき。日本と米国では、野球も違うし、レベルも違う」「やはり日米通算は参考記録。日本とメジャーの数字を合計することに合理性はない」などの意見だ。もちろん、理解はできる。ただ、これを主張する人は、むしろ日本の評論家に多いというのが気になる。

 開幕前、イチローの今季は代打専門と決めつけ、こんな試算をするメディアがあった。

 『1年間、代打で200打席に立つとして、65本のヒットを打つには、打率.325が必要になる。42歳という年齢からすれば、打率.300は難しい。日米通算でローズの記録は超えられても、3000本安打は難しいのではないか』。だが、それは杞憂に終わりそうだ。

 その昔、世界の王貞治が、756本の本塁打を放ったとき、米国中も“世界記録”にわいたという。当時は、ハンク・アーロンの755本塁打がメジャー最多だった。最終的に王は868本塁打まで伸ばした。日本球界だけでなく、メジャーでも800本塁打を打った選手はいない。偉大な記録だろう。

 ここで、イチローと王を比較する必要もないし、比較する根拠もないことはわかっている。ただ、王の記録は“日本球界だけ”でのもの。日米通算でもない。それでも、米国内では“世界一”と認めているのだ。かりに、王がメジャーでプレーしていたら、本塁打数は400本塁打程度だったとする検証結果も出ている。球場の広さや飛ばないボールなどを計算した結果だという。

 イチローの安打記録は、日米通算でも決して“まやかし”ではない。それは、イチローがメジャーでプレーし続けていた場合でも同じか、あるいは、それ以上の安打を打っていたはずだからだ。

BASEBALL KING

最終更新:5月26日(木)7時30分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]