ここから本文です

大野、岸、阿部…交流戦中に復帰が待たれる主力選手たち

ベースボールキング 5月26日(木)13時15分配信

 3月25日にプロ野球が開幕したが、公式戦約3分の1を消化。28日でリーグ戦が一旦終了し、30日から交流戦が開幕する。

 交流戦期間中に、故障離脱している各球団の主力選手の復帰が多く見込まれる。大野雄大(中日)がその一人だ。大野は3年連続二ケタ勝利を挙げる中日のエース。今季は自身初の開幕投手を務め、3月25日の阪神戦では7回2/3を投げ勝利投手。3試合に登板して、2勝1敗、防御率2.66と安定した成績を残していたが、左肘痛のため4月15日に一軍登録抹消。

 約1カ月のリハビリを経て、5月21日のオリックスとの二軍戦で実戦復帰。4回1/3を投げ、5安打、無失点に抑え順調な回復ぶりをアピールした。二軍戦で1試合調整登板を行った後、6月3日からの楽天3連戦で一軍復帰が見込まれている。

 西武のエース・岸孝之も、交流戦中の復帰が期待される。岸は4月24日の楽天戦で、右足内転筋を痛め負傷降板。同月26日からリハビリを再開し、6月上旬のイースタンリーグで実戦復帰が噂される。二軍戦で問題がなければ、交流戦中の一軍復帰も十分に考えられる。先発の台所事情がかなり厳しい状況なだけに、一日でも早く戻ってきてほしいところだ。

 野手では、右肩の故障などで二軍調整が続く阿部慎之助(巨人)も復帰秒読み段階だ。5月25日のDeNAとの二軍戦で、4月15日の楽天戦以来の実戦復帰を果たした。復帰初戦は「5番・指名打者」で出場し、2打数0安打。今後は捕手での出場も予定され、右肩や肘に問題がなければ、一軍に昇格できる見込みだ。

 一軍はリーグワーストの149得点と貧打に喘ぐ。これまで首位打者、打点王などの打撃タイトルを獲得し、長年4番としてチームを引っ張ってきた阿部の復帰が待たれる。

 その他、右肩の違和感で二軍調整が続くマイコラス(巨人)、左太もも裏を痛めた西岡剛(阪神)、右太腿裏筋挫傷で離脱中のルナ(広島)なども二軍の練習に合流しており、交流戦期間中の復帰が期待される。

【交流戦中に復帰が期待される主力選手】
岸孝之(西武)
マイコラス(巨人)
阿部慎之助(巨人)
西岡剛(阪神)
ルナ(広島)
大野雄大(中日)
浅尾拓也(中日)

BASEBALL KING

最終更新:5月26日(木)15時24分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]