ここから本文です

浜野謙太がひき肉に――。在日ファンク、新MV “ぽいぽい”公開

RO69(アールオーロック) 5月26日(木)19時0分配信

在日ファンクが、今月11日に発売したアルバム『レインボー』から、サブリード曲“ぽいぽい”のミュージックビデオを公開した。

今映像は、モーニング娘。などの映像ディレクターを務める渋江修平と初のタッグ組んだ作品となっている。また、“きず”のミュージックビデオにも出演している桑田かおりがヒロイン役として起用されている。

“ぽいぽい”のミュージックビデオはこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=-XEDgfsmtG8

あわせて、2016年9月1日(木)からスタートするリリースツアーのチケットWEB先行受付が明日2016年5月27日(金)12:00より実施される。

リリース、ツアー情報は以下のとおり。

●リリース情報
『レインボー』
CD:発売中
LP:2016年6月29日(水)
初回盤(CD+DVD):COZP-1147/8 ¥3,900(+税)
通常盤(CD):COCP-39522 ¥2,700(+税)
アナログ(LP):COJA-9305 ¥4,000(+税)
収録楽曲:
1.縁の下の力持ち
2.きみのいいところ
3.ぽいぽい
4.ほうよう
5.ぬるまゆファンク
6.いいこと
7.叩かない戦い
8.むくみ(アフロ)
9.ぼくきみ電気
10.それぞれのうた
11.アウトロ de イントロ

<初回盤DVD収録内容>
「レインボーDVD~それぞれのMV大会~」
1.それぞれのうた-------- Directed by スタジオ石
2.作成会議&導入
3.それぞれのうた-------- Directed by 永田真毅
4.ぼくきみ電気----------- Directed by 村上基
5.ぽいぽい----------------- Directed by 浜野謙太
6.むくみ(アフロ)-------- Directed by ジェントル久保田
7.ほうよう------------------ Directed by 村上啓太
8.君のいいところ------ Directed by 仰木亮彦
9.縁の下の力持ち-------- Directed by 後関好宏

<Track List(LP)>
SIDE-A:
1.縁の下の力持ち
2.君のいいところ
3.ぽいぽい
4.ほうよう
5.ぬるまゆファンク
SIDE-B:
1.いいこと
2.叩かない戦い
3.むくみ(アフロ)
4.ぼくきみ電気
5.それぞれのうた
6.アウトロ de イントロ

【「レインボー」LP盤&オリジナルデザインバッグ販売概要】
※数量限定での販売となりますので無くなり次第終了となります。予めご了承ください。
※バッグのみの販売は行いませんので予めご了承ください。
価格:¥5,500+税
ご予約受付開始日: HPにて発表いたします。
対象店舗:HPにて発表いたします。

●ツアー情報
2016年9月1日(木) 広島 セカンドクラッチ
開場/開演 19:00/19:30
2016年9月2日(金) 大阪BIGCAT
開場/開演 18:45/19:30
2016年9月4日(日) 名古屋CLUB QUATTRO
開場/開演 16:45/17:30
2016年9月10日(土) 新潟 NEXS NIIGATA
開場/開演 17:15/18:00
2016年9月17日 (土) 福岡 BEAT STATION
開場/開演 17:30/18:00
2016年9月19日(月・祝) 高松 DIME
開場/開演 17:00/17:30
2016年9月24日(土) 仙台 CLUB JUNK BOX
開場/開演 17:30/18:00
2016年10月1日(土) 東京 キネマ倶楽部
開場/開演 16:45/17:30
2016年10月2日(日) 札幌 cube garden
開場/開演 17:00/17:30

<チケット情報>
オフィシャルサイト先行
受付期間:2016年5月27日(金)12:00~5月31日(火)23:00
枚数制限:お一人様4枚まで
当落発表:2016年6月2日(木)13:00
入金受付期間:2016年6月2日(木)13:00~6月4日(土)21:00
発券開始:2016年7月3日(日)14:00~
受付URL:http://eplus.jp/zf16hp/ (PC・モバイル共通)
※受付には、チケット販売会社e+(イープラス)のプレオーダーシステム(抽選制)を利
用いたします。
※お申込み時、e+(イープラス)の会員登録(無料)が必要になります。

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月26日(木)19時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。