ここから本文です

学生が「七つ橋渡り」体験 星稜大短大部、無言で願い込め

北國新聞社 5月26日(木)2時59分配信

 金沢星稜大女子短大部の1、2年生13人は25日、金沢に伝わる「七つ橋渡り」を体験し、願い事を胸に、浅野川に架かる七つの橋を渡った。

 学生自らが企画運営する課外活動「Sei―Tan Act!」の一環で、2011年から続けている。金沢観光ボランティアガイド「まいどさん」の紺谷啓(ひらく)さん(78)、西川正一さん(77)が先導し、常盤橋から昌永橋まで歩いた。

 七つ橋渡りは、彼岸の中日の深夜に、無言で上流から下流へ一筆書きのように七つの橋を渡りきると願いがかなうとされる。2年生の三箇(さんが)夕湖さん(19)、横堀志帆さん(19)は「貴重な経験ができた。珍しい風習を伝えたい」と話した。

北國新聞社

最終更新:5月26日(木)2時59分

北國新聞社