ここから本文です

ベルギービールで友好に乾杯 金沢でイベント始まる

北國新聞社 5月26日(木)2時59分配信

 「ベルギービールウィークエンド金沢2016」(同実行委主催、北國新聞社共催)は25日、金沢市のいしかわ四高記念公園で開幕した。来場者は、日本との友好150周年を迎えた同国の個性豊かな87種類のビールや料理を思う存分楽しんだ。

 人口約1千万人の小国に168の醸造所を持つ「ビール王国」の魅力を紹介するイベントで、北陸では初開催となる。

 来場者はブースを回って飲み比べを楽しんだ。ベルギーで「フリッツ」と呼ばれるフライドポテトや、ワッフルなど名物料理も並んだ。同国のアーティストによるライブが会場を盛り上げた。金沢市が姉妹都市ゲント市、小松市がビルボールド市をそれぞれ紹介するブースが設置された。

 オープニングセレモニーでは、ギュンテル・スレーワーゲン駐日ベルギー大使と、小西新太郎実行委員長があいさつし、山野之義金沢市長の発声で乾杯した。

 29日までで、26、27日は午後4時から、28、29日は午前11時に開場する。

北國新聞社

最終更新:5月26日(木)2時59分

北國新聞社