ここから本文です

創業融資100件10億円 北國銀支援チーム、昨年8月から

北國新聞社 5月26日(木)2時54分配信

 北國銀行が創業サポートチームを設置した昨年8月以降、新たに事業を始めた人向けに実行した融資が累計100件、約10億円に達した。チーム設置以前の同期間と比較すると1・5倍に伸びている。同行によると今年度に入っても引き続き、創業希望者からの相談件数は底堅く、地域経済活性化の一環として新事業の芽を育てる。

 北國銀行の創業サポートチームは本部直轄の専門部隊で、創業準備の段階から経営計画策定などの支援に入り、事業が軌道に乗るまでの計3年間、継続的に対応する。

 創業が目立つ業種は、飲食・サービス業で、創業者の平均年齢は30代と比較的若い層が多い。金沢市内で27日に映像演出と飲食を組み合わせた新サービスを提供する大学発の企業が開業を予定するなど、北陸新幹線開業に伴う需要増を捉えようとする動きが引き続き強い。ほかに建設業で独立開業した例があった。

 地域別では金沢市内が大半を占めるが、富山市内での支援事例がある。

 専用ローンとして3千万円を上限に契約した枠内で随時借り入れができる「創業当座貸越」をプロパー対応で用意し、開業当初に必要な設備や運転資金の需要に応えている。平均すると1件1千万円程度で、最も利用が多いのは500万~600万円のゾーンとなる。

北國新聞社

最終更新:5月26日(木)2時54分

北國新聞社