ここから本文です

熱戦で友情深め 金沢市内の小学校で運動会ピーク

北國新聞社 5月26日(木)16時24分配信

 26日の石川県内は前線の影響で曇り、一部で雨が降った。南風が吹き込んだため気温は上昇し、正午までの最高気温は小松30・7度を記録し、真夏日となった。金沢29・5度、輪島24・8度となり、6月下旬から7月下旬並みとなった。

 金沢地方気象台によると、小松で真夏日となるのは今月3回目で、1979(昭和54)年の観測開始以来、5月に3回記録するのは初めてという。県内では金沢で、63年の5月に真夏日が3回あった。

 金沢市内の小学校では運動会がピークを迎え、運動場に児童や保護者らの歓声が響いた。旧材木町小と旧味噌蔵町小が統合して4月に開校した兼六小では、初めての運動会が開かれ、児童約440人がリレーや徒競走で友情を深めた。

北國新聞社

最終更新:5月26日(木)16時24分

北國新聞社