ここから本文です

モデルボクサーの引退騒動は撤回と謝罪で決着。次戦はテストマッチに変更

THE PAGE 5月27日(金)13時55分配信

 引退発言で騒動を起こしていたモデルで東洋太平洋女子スーパーバンタム級王者でもある高野人母美(28、協栄)が27日、所属する協栄ジムの金平桂一郎会長(50)と共に記者会見を行い、現役引退発言を撤回すると共に、一連の騒動を謝罪した。6月6日に後楽園ホールで予定されていた元韓国女子バンタム級王者、李恵林とのノンタイトル6回戦は中止とされたが、代わりに2ラウンドのエキジビジョンマッチが組まれ(相手は未定)、ジム側はそれを今後の姿勢を見極めるための現役続行テストマッチにしたいという。

 モデルボクサーの突然の現役引退騒動は、その後、試合中止、撤回、謝罪、今度はジム側からの続行テストマッチと、なんとも不透明でわかりにくい決着となった。

 高野は18日に行われた再起会見で、「今回の試合でラストにしようと思っている。誰かに指図されてやるのは嫌」と、電撃的に引退を発表。タイへ出張中だった金平会長は、まったく寝耳に水の発言に激怒。24日に帰国して高野と3時間にも及ぶ緊急会談を持った。

 発言の真意を問いただす金平会長に対して高野は、「減量や試合のプレッシャーもあり、いろいろと考えた。自分への甘えがあって思わず(これで引退と)言ってしまった」と説明。金平会長が「今後、やる気があるのか、ないのか」と突っ込むと「あります」と答え、引退発言を撤回し現役続行への強い意志を伝えたという。

「ボクシングにリスペクトのない人間をリングに上げるわけにはいかない。試合は中止になる。トレーナーやスタッフは、この試合を世界再挑戦への通過点と考えていたが、あの発言になんで? となった。ゼロからのスタート。ここからもう一度ボクシングを自分でやりたいと考え、普通にジムにきて普通にトレーニングを積み重ねることができるかどうか。2ラウンドのエキシビションは、ある意味ペナルティ。その内容と、今後の姿勢をみて信頼を回復できるかどうか。できなければ、このまま試合を組むこともなくリングを去ってもらうかもしれない」

 この日の会見で、金平会長は厳しく突き放した。
   

1/2ページ

最終更新:5月27日(金)23時21分

THE PAGE