ここから本文です

「第三者」人選決まる(全文5・質疑応答4)公用車の件はルールに従っただけ

THE PAGE 5月27日(金)19時31分配信 (有料記事)

第三者の目で調査というやり方を都民は望んでいると思うか

舛添:どうぞ、お待たせしました。

フジテレビ:フジテレビ情報番組「グッディ!」の広瀬と申します。知事のお仕事の中で都民の声を吸い上げて捉えるというところ、あると思うんですけれども、現在この第三者の目をもってして調査をするというやり方自体は、都民はこれを望んでいると思いますか。

舛添:いや、それは都民の皆さまに聞いてみないと分かりませんが、私が何度も申し上げていますように、こういう形でしっかりと精査していただくのが最適だろうという、そういう判断であります。

フジテレビ:この、ずっと会見が続いている中で、都民の納得が得られる形での回答をしっかりとできなかったという点が反発を呼んでると思うんですが、そう考えるとやっぱり都民が今、求めているような方法を取るべきではないかというふうには考えませんか。

舛添:私は今、最適な、最も都民のお気持ちに沿える形での回答を申し上げたいということで、こういう今、プロセスを取っているわけであります。

フジテレビ:それは将来的にそういう回答だというふうな、今。

舛添:え?

フジテレビ:将来的にそういう回答を得るための期間だというふうに捉えていらっしゃるかと思うんですが、今現在もやはり、都民はこのやり方で待ち続けてしまう。

※一部判別できない箇所がございますことをご了承ください。本文:13,294文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:5月27日(金)19時33分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。