ここから本文です

蔡政権、現状維持の姿勢強調 中国大陸の「台湾独立反対」表明受け

中央社フォーカス台湾 5月27日(金)17時5分配信

(台北 27日 中央社)台湾の対中国大陸政策を担当する大陸委員会は25日、両岸(台湾と中国大陸)関係の平和で安定した現状の維持に努めていくとする蔡英文総統の基本方針を強調し、大陸側に前向きな対話を行うよう呼びかけた。

中国大陸の対台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の張志軍主任が同日、台湾の商工団体との会談で、台湾独立に未来はなく、「台湾の選択肢にはなり得ない」などと述べたのを受けて、20日に発足した民進党・蔡政権の立場を改めて表明した。

中国大陸は、台湾独立志向を持つ民進党に対し、「一つの中国」の原則を受け入れるよう政権発足前から圧力をかけている。だが、蔡総統は20日の就任演説で同原則に言及しなかったため、大陸側は不満を示していた。

(陳家倫/編集:杉野浩司)

最終更新:5月27日(金)17時5分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。