ここから本文です

仕事でも活用している? 同僚と交換するSNSアカウント1位は?

エコノミックニュース 5月27日(金)7時45分配信

ウェブクルーは、全国20~40代の男女860人を対象にインターネットアンケートによる「SNSの利用調査」を行った。

新社会人になり職場という新たなコミュニティができた人は、同僚と連絡先を交換するような機会も多いだろう。連絡先の交換手段は色々あるが、スマートフォンなどで気軽にインターネットが利用できるようになった現在、同僚と職場だけでなく、SNSでも関わることがあるのではないだろうか。

「職場で知り合った人と最初に交換するSNSのアカウントはなんですか?」という質問をしたところ、各世代で共通して、「LINE」が1位という結果になった。20代と30代では70%以上、40代でも66%以上がLINEのアカウントを交換すると回答しており、飛び抜けてLINEが多く利用されていることがわかる。因みに2位はフェイスブックだが、それぞれの年代で8.9%~9.3%でしかない。

LINEのアカウントを交換する理由を聞いたところ、仕事のツールとしても利用しているというコメントが見られた。

SNSがプライベートと仕事で利用されるようになると、投稿する記事の内容にも注意が必要だ。どういった投稿を不快に感じるのか、「会社の同僚がSNSに投稿していたらもっとも不快に思う可能性がある投稿を選んでください」という質問したところ世代ごとの特徴が浮かび上がってきた。

20代と30代で「仕事の充実をアピールする投稿」が1位、40代では「仕事にまつわるネガティブな投稿」が1位になった。40代の大きな特徴として、20代・30代で1位の「仕事の充実をアピールする投稿」がほかの年代の半分以下で9.3%しかなかった。

40代で回答の多いものをみると、「仕事にまつわるネガティブな投稿」「忙しさをアピールする投稿」「プライベートにまつわるネガティブな投稿」など、仕事・プライベートに関係なく、ネガティブさを感じる投稿を嫌う傾向がうかがえます。

一方で、20代・30代は「仕事の充実をアピールする投稿」「仕事にまつわるネガティブな投稿」「忙しさをアピールする投稿」など、ポジティブ・ネガティブに関係なく、仕事に関係する投稿を不快に感じる人が多いようだ。逆に「プライベートの充実をアピールする投稿」「プライベートにまつわるネガティブな投稿」など、プライベートな投稿はそれほど不快に感じていない。特に30代は「自撮り写真の投稿」にも寛容です。ただ、仕事に関する投稿でも「仕事にまつわる最新動向・勉強の投稿」のような業界情報は不快に思う人が少ないようだ。(編集担当:久保田雄城)

Economic News

最終更新:5月27日(金)7時45分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]