ここから本文です

香港大手銀行のネットバンク口座で不正アクセス被害相次ぐ

マカオ新聞 5月27日(金)12時3分配信

 昨今、香港の大手銀行のネットバンクアカウントで不正アクセスによる被害が相次いでいるようだ。香港メディアが5月26日に報じた内容によれば、HSBC、中国銀行香港に続き、恒生(ハンセン)銀行でも新たに被害が確認されたという。

 香港金融管理局は同日、3行のネットバンクアカウントにおいて未承認の株取引があったとする通報が前日(25日)までに22件あり、これらの取引総額は4597万香港ドル(日本円換算:約6億5000万円)に上ったことを明らかにした。

 このうち、9件分で156万香港ドル(約2200万円)の損失が発生したというが、すでに銀行が被害を受けた顧客に賠償したとのこと。また、別の9件については買い入れ価格より高値で売り出されたため、被害者の損失はなかった。目下、当局が事件に関する調査を実施しているという。

 ハンセン銀行は当該事案について、同行のシステム及びネットワークとは無関係の個別のものであるとの見方を示し、同行としてネットバンクサービスの安全性を非常に重視していることを強調した上、顧客に対して安全対策を講じるようあらためて呼びかけた。

最終更新:5月27日(金)12時3分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。